プロポリスの口コミとランキング
厳選&比較

今日から飼えるすっぽんの飼育方法

食べるイメージが強いすっぽんですが、もちろん動物ですので飼育することが出来ます。
見た目が類似しているスッポンモドキはすでに絶滅危惧種なので、輸入されていることはありませんし、
万が一密輸したら厳しく罰せられることになります。

でもすっぽんは大丈夫ですので、もしもすっぽんの飼育に関して関心がある場合は次のような点を参考にしましょう。
まずその特性です。
亀に類似していますが、亀よりも繊細で臆病と言われています。
騒音が苦手なので、飼育される場合は穏やかな環境を作りましょう。

また、威嚇行為として噛むことがありますので、迂闊に指を水槽に入れるなどは避けるべきです。
慣れてくると神着は減っていきますので様子を確認しましょう。
甲羅は案外やわらかいので、強く何かをぶつけたり、落下させることは禁物です。

また肉食ですので品質の良いエビなどが好まれます。
釣りショップなどで購入できるミミズなどもOKですので、毎日適量を与えてあげましょう。
また、こまめな水の入れ替えも必要です。
亀に比べると清流を好む傾向があるので、エサや排せつで水が汚れてきたら、こまめに入れ替えてあげてください。
案外可愛らしい顔で、ゆったりと泳ぐさまには、すぐに愛着がわくのではないでしょうか。

トップに戻る